みどりの情報

彩の国みどりの基金

 森林は、地球温暖化の防止や水源かん養等の公益的機能を持っています。また、身近な緑は、県民生活に潤いと安らぎを与えるとともに、ヒートアイランド現象の緩和などの働きがあります。この森林や身近な保全と創出、さらには環境教育の推進等を県民参加で行い、豊かな自然環境を次の世代に引き継いでいくために、「彩の国みどりの基金」を平成20年4月1日に創設しました。

 なお、この基金の財源は、自動車税収入見込額の1.5%相当額を積み立て、その年度の取組に活用します。また、県民や事業者からの寄付も受け入れていきます。

森林の整備・保全

森林を整備・保全することにより、水の循環を安定させ、緑と生命(いのち)を育みます。

整備され広葉樹が育ちつつある森林(日高市)

身近な緑の保全・創出

身近な緑を保全・創出し、潤いや安らぎのある自然環境を次世代に引き継ぎます。

小学校の校庭芝生化(蓮田市)

県民運動の展開

県民参加でみどりの再生を実感する取組を行います。

県民参加による植樹会(所沢市)

彩の国みどりの基金への寄附は、みどり自然課までお問い合わせください。

お問い合わせ先               
埼玉県環境部  みどり自然課 みどりの基金・県民運動担当
TEL 048-830-3190
E-mail a3140-08@pref.saitama.lg.jp