みどりの情報

さいたま緑のトラスト運動

さいたま緑のトラスト運動

埼玉県では、埼玉の優れた自然や貴重な歴史的環境を、県民共有の財産として県民の皆さま方とともに末永く保存していくため、さいたま緑のトラスト運動を展開しています。
 この運動は、県民の皆さんから広く寄附を募り、それを資金として土地の取得及び保全管理を行うものであり、昭和59年に県民主体の運動の推進組織として「さいたま緑のトラスト協会」が発足し、翌60年には、運動の資金となる「さいたま緑のトラスト基金」が県に設置され、現在、この両者が一体となって運動をすすめています。
さいたま緑のトラスト基金は緑のトラスト運動を推進するための財源です。寄附にご協力をお願いします。

さいたま緑のトラスト基金への寄附はこちらから (埼玉県環境部みどり自然課)

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/midorinotrust.html#kikin

緑のトラスト保全地

県内には、令和2年3月現在、緑のトラスト保全地が14ヶ所(約72ヘクタール)あります。
 トラスト保全地の保全管理については、公益財団法人さいたま緑のトラスト協会のボランティアスタッフが中心となって実施しています。
各保全地では、自然に親しむ会等の各種イベントや年1回の写真・動画コンクールを実施していますので、是非足を運んでください。なお、保全地は、保全の必要性から散策ルート以外は立ち入り禁止となっていますので御注意ください。

さいたま緑のトラスト保全地についてはこちらから(公益財団法人さいたま緑のトラスト協会) 

http://saitama-greenerytrust.com/