活動レポート

「一本の木を味わいつくすワークショップ」の第1回を開催しました。

まずは木こりの若山卓さんから、山と人との関わりについて、熱く語っていただきました。
総勢30人近くで山歩き。若山さんは山の履歴を木々の様子から読み解きます。ずばり、この山は人の手が入らずに木が伸びすぎた薪炭林。これからどんな山にしていくかは、関わる人次第です。第2回のワークショップで伐採する木の説明もありました。
午後からは第2部ビジョンメイキング。2つのグループに分かれて、理想とする山との関わりを各自発表し、皆の意見を集約していきました。
団体名
秩父もりもりスイッチ
活動日時
20211121(日)
活動の参加者数
30人